将来のために必要な貯筋生活をしておくことが非常に重要不可欠である

筋肉は年を重ねる毎に減っていきます。
一生のうちで最も筋肉が多いのは20歳前後だす。

そして筋肉を鍛えるトレーニングを行わない限り筋肉は年とともに減っていきます。

その比率は個人差もありますが一般的には30歳から50歳までは年0.5~0.7%、50歳からは年1.0~2.0%の割合で減っていくとされています。変な言い方ですが順調に減っていくと、20歳の時の筋肉量を100とすると80歳になったころはその
半分の50まで減ってしまいます。

さらに筋肉が減ると太りやすくなります。いわゆる中年太りの原因となります。筋肉は基礎代謝の20~30%を占めています。基礎代謝とはじっとしていても勝手に消費していく最低限のカロリーのことです。つまり筋肉が減っていくと消
費カロリーが減っていくのです。そのため太りやすい体になるのです。太りやすくなっているのに動かないからさらにカロリーを消費しない、そのために中年太りになっていきます。
年とともに代謝が悪くなる、太りやすくなる原因は筋肉の減少にあるのです。

それだけでなく生活習慣でも筋肉を減らす原因があります。休みの日など1日中家でゴロゴロしていませんか?1日中ゴロゴロと寝て過ごし、筋肉を使わない生活をしていると1日で0.1%筋肉が減ります。月8日の休日を毎回ゴロゴロ寝て過ごすと1ヶ月で1年分の筋肉が失われていきます。これは宇宙飛行士が無重力の宇宙から帰ってきたとき自分の足で立って歩けないとほど筋力が衰えることと同じ減少です。たとえゴロ寝をしていても重力があるから筋肉減少のスピードが遅いだけです。

40歳以降の5人に4人は筋トレしないと将来歩けなくなると言われています。たとえ仕事をバリバリ頑張って老後の生活のために資金を蓄えても、いざ老後になったら筋肉が減ってしまってろくに歩くことも出来ない状態で果たして老後は楽しめるでしょうか?せっかく貯めた資金も介護で消えてしまいます。そこで必要なのがロコモ予防です。10年後健康に動けていたければ今から運動器を鍛えておく必要があるのです。歩けなくなってから歩けるように頑張るより、歩けるうちからいつまでも歩けるように筋肉を維持していく必要があります。
老後のために貯金も必要ですが、貯筋も必要なのです。

これらのことより筋力トレーニングは今、この瞬間から必要になります。そして筋肉をつけるという体の反応は何歳になっても無くなることはありません。何歳から始めても早すぎることはなく、遅すぎることはないのです。

Standard