アナスタシスを飲んで元気に活力を取り戻す5つの方法

高校生になってすぐ、アナスタシスを飲み続けて何となく同じ部活の男の先輩に絡まれるようになり、なんだかそれが和んでいました。ある日、先輩が風邪で学校を休んだ時にとても寂しく感じ、その時、初めて先輩の事が好きなんだと気づきました。先輩がまた部活に戻ってきた帰り道、意を決して告白し、先輩と付き合うことができました。

それから一年間付き合い、バレンタインデーが過ぎた数日後、初めて先輩とSEXをしました。先輩は中学生の時にしたことがあると言っていましたが、私の人生初めてのSEXでした。ドキドキと恥ずかしさが入り交じり、づしたらいいかわからず、シャワーを浴びた後、タオルを巻いてTVを見ていました。緊張しているので、TV内容は頭に入ってこず、机にあるお水を何回も飲んでいました。すると先輩(以後、彼)が「TVも見飽きたし、そろそろするか。俺が基本リードするから、楽にしていいよ。」と言いました。その言葉のおかげで緊張は解け、SEXを楽しもうという気持ちになれました。さすが彼だと思いました。お互いキスをしながら体を触りあい、彼が私のクリトリスを舐めたり、いじくったりしている途中にだんだんと込み上げてきました。

「おしっこがしたい。」お風呂の後、裸のままいたせいか、お水を飲みすぎたせいか、緊張をほどきすぎたせいか、アナスタシスのおかげで強烈な尿意に襲われました。
彼にトイレ行きたいなんて言えないし、何よりクリトリスやおマンコをいじられてるのが気持ちよくて、やめてほしくありません。
さっきヵら声が我慢できなくなってきています。
快感と尿意両方を我慢するのは無理です。私は彼に、「ごめん、ちょっとストツプ」と言った瞬間ベットの上で壮絶に漏らしました。ほとんどお水で、透明な液体でした。「ごめんなさい。」嫌われたと思いました。
すると彼は、「すげー、潮吹いた!やったぜ!」そう言いました。良かったです。ばれませんでした。その日は、初めてながら、その後何度もイクことができ最高のラブSEXができたと思いました。

数日後、再びセックスをしました。
一回戦を終えた後、私は少々の罪悪感から「実はあれはおしっこもらしたんだ。」と告白しました。彼は「なーんだ、そうなんだ。」と軽く流してくれましたが、二回戦のフィニッシュの後、私の身体がまだびくついいることを良いことに、腰を掴み、再び挿入し、「俺も漏らす。」と私の膣内におしっこを注ぎ込みました。精子が少し入っただけで、イキそうになるのに、大量の彼のおしっこが勢いよく注ぎ込まれたので、私は、それまでに出したことのない声であえぎ、ジェットコースターに乗ったような感覚に襲われ、その時、初めて潮を噴きました。アナスタシス公式サイトを確認してください。

そこから現在でも、先輩と浣腸やおマンコ便器等のプレイを頻繁に楽しんでいます

あれは遥か20年以上前のこと。高校生同士、初めて付き合った彼女と、いよいよ初仕事がきた時のことです。

 すったもんだあった後、ホテル備え付けのゴムをしっかり装着し、インサートを開始。
 まぁ、はじめてなモノで初心者なモノで不器用なモノで・・・すぐに果てちゃいましたさ。
 初仕事おつかれ!いや~これで俺もめでたく堂々の卒業生!と、ゆっくり抜き出して見えた光景に・・・
 思わず一気に青ざめました。

 ゴムの先端が豪快に破れており、私のも彼女のも、おもいっきり「白濁したナニカ」で染まっているではないですか!
 
 しかしこういう時こそ彼氏の立場、男の度量が試されるところ。
 何事もなかったように、備え付けのティッシュでさりげなくサラッと拭き取り、笑顔で余韻タイムを演じていました。
 すべてをササっと済ましたため、当然彼女は全く気付いていません。

 ホテルを後にし一緒に食事を済ませたあと、二人乗りの自転車で彼女を家まで送り届け、余裕しゃくしゃくの笑顔で別れたあと、

 どうしよ・・・初回で事故っちまった・・・。
 当時流行った「不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった」状態です。

 もう、生きた心地がしませんでした。当然、さっきどこで何を食べたのかも覚えてないレベル・・・。

 とにかく、居ても立ってもいられない。しかし今すぐどうすることもできない。
 翌日、彼女と電話で会話中、たまたま彼女のお父さんの話題になったのです。

 有事の事態に備え、さりげなく「お父さんってさぁ~、どんな人なの?」と、
 精一杯のポーカーフェイスで、軽く聞いてみました。

 すると彼女。
 「う~ん、私、一人っ子だからかなぁ、愛され過ぎというか、もう親バカ。お前のために生きてる とか言うんだよぉ。」
 「外では頑固で怒りっぽい人らしいけど、家では娘にデレデレで・・・嬉しいけど、あきれるよぉ。」

 ・・・ほ、ほほぉ~・・・な、なるほどねぇ。

 電話口なので、口では笑いながら、目は死んだ魚だったと思います。

 こりゃ有事の際は、俺は間違いなく血祭りだ・・・。
 
 私たちに加え、双方の両親が向き合った現場で、「で?どうしてくださるおつもりですか!?」
 っていう絵ヅラが頭の中で、それはそれは鮮明にイメージできましたさ。
 
 そんなこんなで精神的に廃人な日々を過ごして、一ヵ月が経ちました。

 たまたま何かの拍子で、ちょっとした激しい口ゲンカになっちゃいました。
 二人とも、けっこうなヒートアップぶりだったと思います。
 そのなかで出た彼女のセリフ・・・
 
 「もぅ~!生理中だからっていうのもあるけど、余計にすごく腹が立つ!」

 え・・・・!!!???   なんですと???

 その一言で、私はケンカどころか、
 それはそれは朗らかで安らかな、お釈迦様をはるかに超越した、満面の仏心に満ちました。
 もちろんケンカなんて、最初からなかったように仲直りできました。

 その後3年ほど付き合いが続いたのち、結果的にお別れしてしまいましたが、
 今でも忘れることができない、壮絶な初体験での思い出でした。

Standard

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *