筋肉をつけるには筋トレのタイミングが重要

脂肪を筋肉に変えてスマートに見せたい、もっと腕などに筋肉をつけてたくましさをアピールしたいなど、筋肉をつけたいと考える理由は人によって様々です。そのため、ただのダイエットとは異なり、食事制限をしただけでは筋肉は育ちません。様々な筋トレの方法があり、向き不向きもあると思いますが、まずは身体のどこに筋肉を増やしたいのかなどの明確な目標を持たなくては筋トレは長続きしないのです。
筋トレはダンベルやスクワットなど従来型のものを取り入れる方が多いと思いますが、より効率的に筋肉をつけるためには実は回数などよりも筋トレを取り入れる時間が大切となります。よく、ダイエットのために食後にウォーキングなどを取り入れている方が多いのですが、筋肉を早く付けたいのであれば食前に取り入れることが大切となります。食事前のウォーキングや筋トレで脂肪を落とすことで、その後の食事を筋肉に変えようとする働きが生まれます。また、食事の際は取り入れる食材などにも気を使う必要性があります。筋肉はタンパク質で出来ていますので、低カロリーでタンパク質の多い鶏肉などを取り入れることがおすすめです。また、プロティンなどを取り入れている方も多いのですが、プロティンはよほど運動量が多くないと逆に太ってしまう危険性があるので、あまり筋トレに時間をかけることができないといった場合には、プロティンではなく豆乳などを代用して取り入れることをおすすめします。
また、健康的な筋肉を手に入れるためには寝る前の筋トレは欠かすことが出来ません。入浴後に休まれる方も多いと思いますが、入浴後は筋トレにとってゴールデンタイムです。入浴後に軽めでもいいので筋トレを行って眠ることによって新陳代謝が上がり、脂肪分を筋肉に変える体質へと近づくことが出来るのです。そのため、寝る前に筋トレを取り入れることによって、寝ている間に筋肉作りが出来るようになると言っても過言ではありません。毎日の筋トレが理想的な筋肉体質な身体作りには欠かすことが出来ませんが、筋トレを取り入れる時間を工夫することによってより効率的に筋肉をつけることが出来るのです。また、筋肉は休ませてあげることも必要となりますので、毎日筋トレを行うのではなく、今日は腕の筋肉を付ける筋トレをしたら、明日はお腹を中心にするなどの変化を与えてあげることも必要です。
食事や筋トレを取り入れる時間を工夫し、より効率的に筋肉を付けることをおすすめします。

Standard

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *